スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
参鶏湯(サムゲタン)
2006年09月03日 (日) | 編集 |
9月に入ったのにまだまだ暑い。
今年は残暑が厳しいんだって。
あぁ、夏が苦手な私にはツラいな
日本では夏を乗り越えるため、丑の日に
ウナギを食べるけど、韓国ではこれを食べます。
参鶏湯(サムゲタン)
samugetan

参鶏湯で思い出すドラマは『屋根部屋のネコ』
第8話でジョンウンとギョンミンが家族に内緒で
同居する屋根部屋でジョンウンが参鶏湯を
作ろうとしていたところ、ギョンミンハラモニが
突然訪ねてくる。
関係を問い質されてギョンミンが慌ててジョンウンを
家政婦だと言って追い出し、ハラモニとふたりで
参鶏湯を全部たいらげちゃう。
あんなに面倒な料理を材料も揃えて楽しみにしてたのに
食べられなかったジョンウンが可愛そうだった。
私は、やっぱり作れません。
上の写真はレトルトを温めたもの。
だって、材料に・・・
“ひな鶏” “高麗人参” “栗” が必要だし
長時間煮込んで骨まで柔らかくするのも
私には無理
鍋にうつしたら、お湯で柔らかくしたナツメと
レンジで1分ほどチンしたにんにく、松の実を
加えて少し煮込めば、ちょっと豪華になる。
好みでギンナンやクコの実を入れてもいいのよ。
もち米がひな鶏のお腹の中にギッシリ入ってるので
これだけでお腹いっぱいになる。
レトルトでは、結構メーカーがいろいろあって
値段もまちまち。
私が今回食べたのはこれ
harimsamugetan

チョンマル、マシッソヨォ~(ホントにうめえぜ)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
サムゲタンサムゲタン(参鶏湯)は、大韓民国|韓国の代表的なスープのひとつ。若鶏、もしくは丸ごとの鶏の腹を割いて、その中にもち米、栗、干しナツメ、オタネニンジン|高麗人参、マツ|松の実など、薬膳料理の食材としてよく知られたものを詰め合わせた後,それを長時間煮
2007/08/08(Wed) 23:22:28 |  鍋物ファンよ!集まれ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。