スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伊達巻と錦玉子、作りました
2009年12月28日 (月) | 編集 |
今日で仕事納めでした。
ホントに1年というのはあっという間で・・・
もう年の瀬です。
昨日、伊達巻と錦玉子を作りました。
糖尿病の母のために甘さ控えめです。
左の伊達巻は黒く焦げて見えますが
実際はそれほどでもありません
まぁ、見栄えはどちらもかなり悪いですが・・・
実家に帰ったら栗きんとんも作る予定です。
osechi

さぁて来年はどんな年になるんだろう。
お正月もきっとあっという間に終わって
またいつもの日常に戻るんだろうけど
歳は容赦なくとっていく。
来年もアンチエイジングに力を入れようっと
というのも職場で30歳代の女性から
「E~ヨジャさんってお肌綺麗ですよねぇ。
 何か秘訣はあるんですか?」

って言われ、かなり有頂天になってます。
んで、手っ取り早くモチモチ肌にする
これをオススメしました。
  太陽のアロエ社 「ヒアルロン酸」



直接、気になる部分にぬってもいいし
現在ご使用中の化粧水に数滴たらして
お使いになっても効き目があります。
あとは腹八分目で、野菜多めの食事ですね。
最近、歳のせいか食べ過ぎると胃の調子が
悪くなります。
内臓に負担をかけると老けるのも早くなる
そうですので皆様もお気を付け下さい。

それでは、来年もどうぞよろしくお願いします。
皆様、良いお年をお迎え下さいませ。
  pesoginojigi_53
    毎年恒例のお辞儀ペンギンです
スポンサーサイト
テーマ:作ってみた
ジャンル:グルメ
ホットク、作ってみました
2009年12月13日 (日) | 編集 |
年末年始、結構忙しくなりそうなのでホットクを母に
作ってあげられるかどうか、時間を計るために今日、
試しに作ってみました。
粉もドライイーストも目分量で1/3量ほどボールに入れ、
ぬるま湯90cc弱を足して5分ほど捏ねる。
このとき、手に生地がつくのでビニール袋を手にはめ
捏ねたので、そのままそのビニール袋をかぶせて
30分放置。2倍の大きさに膨らむとのこと。
(乾いたふきんで覆いホットカーペットの上におきました)
hottoku1
30分後。2倍とはいえないけど膨らんでます。
hottoku2
空気を抜いて3等分にして丸めておく。
次に中に入れるジャム。粉状になっていて、味見したら
かなり甘かった。なので、1個につき小さじ1杯程度の
分量にしてすりゴマを同量足したものをオブラートで包む。
それをさきほどの丸めておいた生地の中に入れ、
サラダ油をひいたフライパンで1個づつ焼く。
ホットク専用の押し器は持っていないので普通の皿で押して
ぺっちゃんこにする。
こんな感じに出来上がり(右は中身を見せるため割きました)
hottoku3
やはりこの季節だと発酵時間が30分だと短いせいか
最初に焼いた2枚は生地がクリスピー状態でした。
でも、3枚目(左)は他の2枚を焼いているうちに
暖かいキッチンで再発酵したのか、ふっくら焼けました。

親友Jちゃんから御土産で戴いた京都の有名な珈琲屋さんの
  美味しい珈琲でいただきました
hottoku4
粉状ジャムはほど良く溶けて、生地はもち粉が入っているので
モチモチしてます。美味しかったです!
新大久保で食べたのと味はほぼ同じです。
生地作りは5分で終わるし、焼くのも1枚3~4分。
発酵時間を除けば、そんなに時間のかかるものでも
なかったので、お正月に母に作ってあげようと思いました。
Bow☆さん、結構簡単ですので作ってみてくださいねぇ
テーマ:作ってみた
ジャンル:グルメ
キムチ、漬けてみました
2009年12月06日 (日) | 編集 |
いつも買っているお気に入りの宗家のキムチが
最近スーパーから消え、他のキムチを買おうか
どうしようか、でも宗家以外のキムチは塩気が
強くてどうしても好きになれないし・・・
結局悩んだ末、自分で漬けてみました。
過去にも数回漬けたことがあるんです。
  これ、一週間前
jikaseikimchi
私のキムチ漬けは本格的な漬け方とはかなり
かけ離れてます。超手抜きです。
1/2の白菜は1枚づつはがし、大根とにんじんは
3㎜幅の輪切りにし、半日ほど天日に干します。
干し終わった白菜は切って、半日塩漬けにします。
(本格派と違うのはここ。白菜は先に切っちゃうんです)
その間、ヤンニョムを作ります。
韓国産唐辛子(粗と細の両方)、にんにく、生姜、
あみの塩辛、ナンプラー少々、りんご等を
フードプロセッサーでガーっとペースト状にします。
そこに大根、にんじん、長ネギの千切りと3㎝幅に
切ったニラを和えておきます。
塩漬けの白菜は味見して塩辛ければ少し洗って、
それから水気を絞ります。
その後、ビニール袋に白菜とヤンニョムを入れて
袋の上から軽くもみます。
空気を抜いて袋口をねじって、一晩常温で置きます。
翌朝、冷蔵庫へ。
およそ一週間野菜室へ。

  今日初めて食べてみました(左は石焼ビピンパ)
ishiyakibipinpa
塩加減はばっちり自分好み。白菜もシャキシャキ感が
残ってて、酸味もなし。
そう、私は塩辛いのも苦手だけれど酸っぱいキムチも
ちょっと苦手。
キムチ、この方法だと意外と簡単にできるけどなかなか
作ろうとしなかったのは・・・
ナメクジが怖いから
新鮮な白菜はナメクジがいることが多いの。
前に何度か遭遇してるし。
笑われるかもしれないけど私がこの世で一番キライなのが
このナメクジ。もちろんカタツムリもキライ
だから白菜を買うときはかなり慎重になります。
今回はお店の人にいないかどうか確認して買いました(笑)。


テーマ:作ってみた
ジャンル:グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。